I WANT のど飴

私の必需品、それはのど飴

意外な物がヒットする時代。

先日スーパーで話題の『辛くないキムチ』を購入しました♪
私は元々辛い物が大好きですが…。
私の恋人はあまり辛い物が好きではありません。

どうせ買うのであれば激辛を…!と思ってしまいましたが…。
話題にもなっていた為、辛くない方を購入する事にしました。
実際に食べてみると、キムチの味はしっかりとしていました。

しかし後から口に残るヒリヒリとした感覚はありませんでした。
いつもなら汗を流しながら食べている恋人も、普通に食べていました。

ヒリヒリとした辛さが無い分、ご飯のおかずには十分になります。
話題になる理由が何となく判った気がしました。

最近はこういった逆を考えた商品がたくさんあります。
例えばバストを小さく見せるブラなどもその一つです。

女性で言うナイスバディは豊富な胸と引き締まった腰、そして上を向いたお尻です。
しかし最近では胸を小さく見せる事を望む女性も居るそうです。
胸が小さい事を悩みにしている私には、羨ましい限りですね(–;)

ひがんでしまう気持ちはかなりありますが…。
それでもこういったブラも必要性はあると思います。

普段出掛ける際には別に好きな服を着て、お洒落に着飾る事が出来ますが…。
会社などにスーツで出掛ける女性には必要なのだと思います。
ブラウスから強調してしまうなど…。
必要で無い時にまで強調されてしまうと、嫌な思いをする事もあるのだと思います。

私にとっては胸を小さく見せるブラよりも、胸を盛る事が出来るヌーブラの方が魅力的ですが…。
売り上げはかなり上がっているそうです。

こういった商品の他にも健康に良いコーラなども販売されています。
私は元々コーラが好きではありませんが…。
健康に悪い代表とも言えるコーラが、健康に良いのは不思議な感覚です。

辛くないキムチや胸を小さく見せるブラよりも人気は出そうな商品ですが…。
本当に健康に良いのかは飲んだ事は無いので判りません。

食物繊維を含んだコーラは、脂肪を増やすどころか…。
食べた分の脂肪を燃焼する事の出来るダイエット飲料に変わりました。

飲めば太ると言われているコーラを、あえてダイエット方式に切り替えた事は大きいと思いますね。

こういった逆を見つける事が出来た商品は、ヒットするのでしょうね。
商品を開発する事は出来ませんが…。
逆を考える事は楽しい暇つぶしになるので、今度考えてみようと思います。

コメントは受け付けていません。

家飲みを十分に楽しむ♪

お酒やタバコ、ギャンブルや女遊び…。
世の中には良く無いと言われる物がたくさんあります。
特にお酒とギャンブル、女遊びは人間を駄目にする三拍子です。

私は女性なので女遊びはしませんが…。
ギャンブルやお酒は大の好物です♪
ギャンブルはお金が無ければしませんが、お酒は頻繁に飲む事があります。

しかしここ何年かは飲みに行くよりも、家で飲む事がお気に入りになりました。

以前までは家で飲むのはあまり好きではありませんでした。
缶ビールよりも生ビールの方が美味しいですし、何より自分で用意をするのは面倒です。
外に飲みに行けばお酒のアテもお店が用意してくれます。

そんな最高な状態よりも、家で飲む事を好む理由は…。
家飲みを十分に楽しむ方法を知ったからです。

まず家飲みのメリットは、お金がかからない事です。
飲みに行くとお酒の値段や料理の値段もそれなりにかかります。

家で飲むのであれば2千円もあれば十分なのです。

しかし最初は缶ビールを飲む事があまり納得出来ませんでした。
どうせ飲むのなら生ビールが良いと思っていたので…。
家で飲む時はなるべくビールを飲まないようにしていました。
家飲みを楽しむのであれば、焼酎やワイン、日本酒がベストです♪

特に日本酒が私はお気に入りでした。
ある程度銘柄の良い日本酒なら、手に入れる事が出来ます。
冷酒で飲むのであれば、ただ冷やしておけば良いのです。

ワインなども同じ事が出来るので、いつもそうするようにしていました。

そしてお酒のアテも日本酒やワインに合わせて購入します。
ワインであればクラッカーとチーズがあれば最高です♪
クラッカーは安く購入する事が出来るので、後は好きなチーズを買うだけです。

日本酒であれば酒盗や塩辛など、ビンで販売されている物を購入します。
飲みに行くとチーズの盛り合わせや酒盗など高くつきますが…。
スーパーなどで買うとかなり安く抑える事が出来ます。

更に家なので飲んだ後はゆっくりと眠る事も出来るので、正直家飲みにはまってしまうと外に出るのは面倒に思えてしまいますね。

本格的に家飲みだけに抑えるのであれば、ビールサーバーも置きたいと思います。
これから節約を考えているので、より一層家飲みを楽しむ方法を考えたいと思っています(^^)

コメントは受け付けていません。

仕事は習うものではない

ニコニコニュースに「『教わっていない仕事はできない』と答えて何が悪いの!?」という記事がありました。
あまりにタイムリー過ぎて笑ってしまいましたね。
この記事は、OKWaveに載っていた相談を元に書かれていました。

実は、昨日は旦那とこんな話をしていました。
旦那のお店は19時オープンなのですが、その時間帯に入ってきた1人の男性がいたようです。
年齢は定かではないのですが、20代半ばくらいの男性です。
彼はチームで仕事をしているのですが、今やっている仕事がよく分からなくて困っているとか。
旦那は「分からないなら聞けばいい。仕事時間内に聞けないのなら、就業時間外に質問すれば教えてもらえるだろう。チームでやっている仕事なのだから、他の人だって困るだろうし。それをここに来て困っていると言っていても何も解決はしないよ」と言ってあげたそうです。

私の感覚では、分からないことは自分で調べるなり助言をしてもらうなりしてやり遂げようとします。
少なくとも社会人ならそうするのが当然だと思っていました。
ところが、記事に載っていた男性も同じですが「分からないことは引き受けない」「どうして俺たち(私たち)の気持ちが分かってくれないんだ」となんでも自分目線で物事を考えようとしているのです。

就業時間内なら、誰もが担当している仕事があって忙しいのは当たり前です。
でも、それ以外の時間なら時間も取れますよね?
「自分以外の世代との交流は面倒で嫌だ」と思っている世代は、なんでも自分ありきです。
仕事で失敗したらそれはそれで大変な場面も出てくるでしょう。
しかし、その為に上司がいます。
仮に会社に不利益の出るようなことが起きたら、それをまとめるのが上司の役割でもあります。
とにかく上司と連携が取れていないし、何よりも信頼していないのではないかなと思いますね。

私は何ごとも経験だと思っています。
困難を乗り越えた時は確実に自分の力になるし、別の困難が押し寄せて来てもそれを対処する力も身に付きます。
失敗を恐れていては成長もありません。
今の20代だって、いつかは歳を取っていきます。
その時に「それは知らないから教えられないよ」「それは私がやったことじゃないから責任は取れないよ」とでも言うつもりでしょうか?
今は自分自身を育てる期間ですよね?

終身雇用が嫌だと言っても、人間は何かしら仕事をしなければなりません。
自分で会社を立ち上げることもあるでしょう。
そんな時に誰もついてこない状態だったら、仕事は成り立ちませんよね?
色々な角度から物事を見る力をつけ、誰かと一緒に仕事をしているのだということを忘れてはいけません。

コメントは受け付けていません。

計算していたらもっと幸せな恋愛人生だったかも?

gooランキングに「計算する女が『これは効く!』と思った恋愛のテクニックランキング」という記事がありました。
自分の好きなように生きてきた私は、恋愛に関しても自分が好きだと感じた時に計算せずに突き進んでいました。
恋愛上手な友達はいたし、それを学べば良かったとは思いますけど…。
なぜか「恋愛は当たって砕けろだ」というポリシーがあって、ダメならダメでいいじゃないかと思っていました(笑)。
しかし、少し頑張れば成就できたかも知れない恋はあったはずなのですよね。
当時の私がこれを読んでも実践しないと思いますが、今思うとどうしてやらなかったのかと後悔も大きいです。

1位:太ももや二の腕にさりげなくボディタッチをする
10代の後半や20代の前半ではこれが全く出来ませんでした。
やっていたら、少しはモテたでしょうか?

2位:知っていることでも知らないふりをして相手を持ち上げる
これは今でも出来ません!
知っているとすぐに「それ知ってる~」と言ってしまいます(笑)。
会話が終わってしまいますよね?
相手は多少なりとも自慢して話したいのかもしれませんけど。

3位:相手をほめまくる
相手を褒めるなんて絶対に出来ませんでした。
これがさりげなく出来る人ってやはりモテましたよね。
私は少しでも嫌な部分が見えてしまうと、褒めるどころか「あなたのことが嫌です」オーラを出しまくっていました。

4位:好みじゃないプレゼントをもらっても大喜びする
絶対に無理ですね。
これはやることでなんの得があるのでしょうか?
もらって使わないで人にあげたり質屋に売ったり、大体みんなそうしているので恐ろしいです。
選んだ人の気持ちは?
そう思うと、単純に喜べません。

5位:酔ったふりをして甘える
とにかく甘えることが出来ませんでした。
今は旦那にだけは甘えられるようになりましたけどね。
甘えてはいけない人生だと思い込んでいたので、途中でポキッと折れたのでしょう。

6位:遠くから目を合わせたりそらしたりする
駆け引きでしょうか?
絶対に出来ません。
目を合わせるならずっと合わせてしまうし、気付かれそうならすぐにそらしてしまいます。

6位:メールをすぐに返さない
恋愛にメールが入り込んできたのは、割と最近になってからですからね。
あまりその辺の駆け引きに関しては詳しくないです。

8位:ささいなことで恥ずかしがる
絶対に無理です!
恥ずかしがったり怖がったりするという概念がありませんでした。

9位:料理ができることをさりげなくアピールする
今でこそ料理は出来ますが、20代の頃はまともに包丁も使えませんでした。
出来ないことは出来ないとハッキリ言っていましたね。

10位:上目遣いで相手を見つめる
これは、やりたくなくてもやらざるを得ません。
全ての男性はかなり上目遣いをしないと目線が合わせられませんから。

どの答えを見てみても、私って本当にモテない女なんだなと実感します。
それでも、一応モテ期はありましたけどね。
ツンデレ好きの男性には非常に好かれていました。
私は割と男らしいタイプの人が好きだった訳ですけどね。
もうあの頃には戻れないので、今更何を言っても無駄ですね!

コメントは受け付けていません。

ガンバレ若者!

10年くらい前までは「最近の若いもんは」と言われる立場にありましたが、気付けば自分自身がそういう事を口にするようになってしまいました。
自分もそうだったように、若い人には若い人なりの世界観があるのは分かります。
しかし、自分達の世界観だけで生きていけないことは、社会に出て様々な人物と出会うことで学んでいきます。
年上の人のやっていることが「理解出来ない」という時もありましたし、今でもそう思うことはあるけれど、だからと言ってそれを否定しようとは思いません。
むしろ、世代ごとに違いがあるのは当然のことなのだと考えられるようになっていきます。

昨日の夜、いつものように旦那から休憩時間に電話がありました。
そこで、お客様の話になりました。
詳しい年齢は分かりませんが、20代半ばのお客様のお話で、内容はこんな感じでした。

・会社にはマイルールを個別に浸透させようとしているお局様がいる。
・一言うと十返ってくるし、言っても無駄だから何も言わない。
・ストレスで自分自身の仕事に少し影響がある。

旦那は「どうして言わないの?無駄だってなんで決め付けるの?」というようなことを話しました。
昨日はそのことを話し合った結果を話しに来てくれて、「上司が間に入ってくれて、両者のいいところを取ってくれました」ということになりました。

こういう括りはいけませんんが、ゆとり世代は何かにつけて「面倒」「どうしていいのか分からない」と口にして自ら動こうとはしません。
それがその世代の象徴なのかもしれませんが、傷ついても立ち直れる強さを身につけられるのは20代までだと思います。
30代を過ぎるとそれが難しくなるので、その耐性を20代で培っていくべきです。

彼らはなんでも受動的過ぎるのです。
言われたことだけをやるのであれば、人よりロボットを使った方が効率的です。
でも、人というのは柔軟性があります。
だから今でも人がやるべき仕事が沢山存在しているのです。

ただ20代の人を羨ましいと思う事があります。
それは人にもよるでしょうが、ある程度日常で動く習慣のある人には二の腕痩せの必要がない事です。
二の腕は30代になると日常の軽い動き程度では足りず、一番たるんでくる場所なのです。
これは若さにはかないません。本当に羨ましいです。

話は変わりますが、最近はプロポーズ代行業者というものが人気らしいです。
「言葉が見付からない」「演出できない」「面倒」と仰る人が利用するそうです。
私から言わせると「だったら結婚するな」と思ってしまいますね。
演出なんて別にいらないのです。
もしサプライズをしたいのであれば、自分で考えればいいじゃないですか。
相手が考えてくれたものは嬉しいけれど、人が考えてくれたものなんて嬉しくないですよね?

この事を旦那に話したら、「違うんだよ。相手がどうのじゃなく、その演出がダメなら結婚も断るんだよ。お客様で3回断ったという人いるもんな。そういうのが増えているから、結婚式のサクラも無くならないんだよ」と言われてしまいました。
結婚式のサクラってなんだろうと思いますよね?
今は、結婚式に呼ぶ友達がいないから“友達のサクラ”を呼ぶ人が増えているそうです。
過去に聞いた話で凄かったのは、新郎新婦共に友人・会社関係者全てがサクラだったという結婚式です。
一体なんの為に行う式なのでしょうね?

理解しようと努力はしますが、もう少し若者には頑張ってもらいたいものです。
「自ら動くと傷つく」「失敗したくない」「どうせ分かってもらえない」と思わず、どんどん前に出て行って多くの世代と係わってもらいたいです。
核家族が主流の時代では、これが難しいのかなとも思いますけどね。

コメントは受け付けていません。

私が初めて購入したCDはコレ!

gooランキングに「初めてCDを買ったアーティスト ランキング(30歳以上編)」という記事がありました。
初めてということだから、たった1回きりになりますね!
30歳以上となるとかなり年齢層が広い気がしますが…。
どのくらいまでの年齢で区切ったのでしょうね?
その辺が曖昧なランキングでした。

1位:光GENJI
女子なら誰でも通る道でしょうか?
一度くらいはジャニーズにハマりますよね?
私も最初にハマったジャニーズは光GENJIでした。
いや、シブがき隊だったでしょうか?
幼稚園か低学年くらいの時にやっくんが好きだった記憶があります。
でも、自分で購入した初めての曲は光GENJIでしたね。
そう言いたいところなのですが、実は光GENJIに関してはCDを購入したことがありません。
私が小学生の時だったので、まだカセットでした。
CDプレーヤーを購入したのが中1の時なので、CDは他の人になります。

2位:Mr.Children
今でこそ好きなミスチルですが、10代の頃はあまり聴きませんでした。
深い歌詞が多いミスチルは、10代の私には理解出来なかったのでしょうね。
漸く理解してきたのはここ数年です。
10代が「分かる~」となったら、それは相当苦労人か歳を誤魔化しているかだろうなと思います(笑)。

3位:チェッカーズ
40代くらいならそうかもしれませんね。
確か彼らがデビューしたのは、私が小1の時だったはずです。
歌は好きだったけれど、音楽としてという意味で聴いてはいませんでした。
母が持っていたカセットに入っていたのをよく聴いていましたね。

4位:松田聖子
松田聖子さんも40オーバーくらいにツボのアイドルでしょうか?
小学生の時に活躍していたとは思いますが、特に興味はありませんでした。

5位:松任谷由実
CDを購入したことはありませんが、なぜか中学の時に流行っていました。

6位:槇原敬之
アルバムは1枚だけ購入した記憶がありますが、初めてではないです。

7位:DREAMS COME TRUE
ドリカムは好きですが、彼らのCDはベストしか持っていないと思います。

8位:B’z
B’zは結構好きで、今でもよく聴きます。
ただし、1枚もCDは持っていません。

9位:X JAPAN(X)
バンドは好きだったのですが、Xはそれほど好みではありませんでした。

10位:近藤真彦
マッチがアイドルだったのはいつ頃だったでしょうか?
小学生の低学年くらいだったので、記憶が曖昧です。

さて、私が初めて購入したCDですが、それはPRINCESS PRINCESSの『DIAMONDS』とTHE BLUEHERTSの『青空』か『情熱の薔薇』(記憶は曖昧)の2枚でした。
CDプレーヤーと共に購入した記憶があります。

コメントは受け付けていません。

今週の校閲道場(ヨリモより)

私が眠くなる時はこんな感じの時です。

1.お腹がいっぱいの時
2.春先のポカポカ陽気の時
3.ものすごく寒い時

勘のいい方はもうお気付きだと思いますが、1年のうちのほとんどが眠いわけです(笑)。
これを書いている今だってものすごく眠いです。
それならば、寝てしまえばいいじゃないかと思われますよね?
ええ、寝ますとも。
書き終わったら寝ますとも。
間違えました!
「書き終わったら」ではなく「解き終わったら」でした。
「宿題を終わらせてから遊びましょう」と言われるように、自ら「問題は解いてから寝ましょう」と負荷をかけてみました。

10月22日の問題です。
「ことわざです。「瑠璃(るり)も玻璃(はり)も照らせば光る」。どんな意味?」という問いでした。
1.どんな人にも、何かしらの才能がある
2.不得意でも、努力次第で伸びる能力もある
3.素質が優れた人は、どこにいてもすぐ分かる
4.それらしく飾ると、粗悪なものも高級に見える

意味を知らない私は1を選んでしまいました。
正解は3でした。

瑠璃色は知っているので意味が分かりましたが、玻璃が分かりませんでした。
玻璃は水晶(又はガラス)を意味するそうです。
どちらも石の中にあるものですが、光を当てるだけでその存在が分かることから3の意味になったようです。
才能はないけれど、存在感はあるといつも言われていました。
小さいのに不思議だともよく言われました。
でも、旦那は待ち合わせ場所で私を見付けるのが難しいようです。
こんなに光っているのに!(*≧m≦*)

10月24日の問題です。
「欧州の財政危機で話題に上るものといえば、国債の利回り。利回りが上がると、国債の価格はどうなる?」という問いでした。
上がる/下がる/変わらない

私は数字にめっぽう弱い人間です。
お金の計算すら怪しいくらいで、パーセンテージなどで表されたら混乱してしまうほどです。
そんな私にこんな問題を?!
でも、なんとなく頭の中に国債の知識が残っていたようです。
「下がる」と答えて正解でした。

解説を読んでみましたが、こういうのは図解をしてもらわないと理解が出来ません。
理解しようとすると益々眠くなるので、次の問題にいきたいと思います。

10月26日の問題です。
「「彼、有名な女たらしだから気を付けてね」。「女たらし」の「たらし」とは?」という問いでした。
1.甘い言葉でだますこと
2.性格がだらしないこと
3.よだれをたらすこと
4.しつこく付きまとうこと

2か4かなと思ったのですが、正解は1でした。
これは言葉の意味の変化のせいで知らなかったと言っても過言ではありません。

「女たらし」の本来の意味には、騙すという意味が含まれるそうです。
漢字では「誑かす(たぶらかす)」と同じ漢字を使用して「誑し(たらし)」と書きます。
単なる女好きと捉えているので、2か4なのかなと単純に思いました。
騙す意味合いが入るのだとすれば、女好きは女好きで表現した方がいいのかもしれませんね。
隙を作らずに生きていた20代の私は、騙されるなんてことは一度もありませんでした。
一度くらいは騙されても良かったかもしれません。

コメントは受け付けていません。

人気のないポテサラの具材

じゃが芋のサラサラ感が大嫌いです。
あの粉っぽい感じが喉に引っ掛かる感じが嫌いです。
そのままだと突っかかるのも嫌です。
でも、しっとりしたポテサラは大好き(*´∇`*)
お惣菜のポテサラは甘く作られているので好きじゃありませんが、母のポテサラは好きです。
熱々のじゃが芋にお酢をかけてしっとり酸味が入っているので、マヨネーズで和えた時にしっかりまとまっているのです。
自分で作っても同じ味にならなくて、聞いてみたらこういうやり方でした。

ポテサラには色々な具材が入ります。
gooランキングに「ポテトサラダに入れてほしくないものランキング」というものがありました。
中には「それを入れなかったらポテサラじゃないだろうよ」と言いたくなるような具材までありました(笑)。

ポテサラにはいる具材は、じゃが芋・玉ねぎ・きゅうりが基本でしょう。
でも、4位に「たまねぎ」7位に「きゅうり」が入っていました。
私は人参大好き女なので、母は入れていませんがポテサラに入れてしまいます。
その人参も9位に入っていました( ̄_ ̄|||)

断トツだったのは「レーズン」でした。
群を抜いていましたけど、私はレーズンなしのポテサラは嫌いです。
あれを入れれば甘いポテサラなどこの世からなくなります。
和え衣自体が甘いのは美味しくありませんが、ポテトと相まって美味しくなるのはOKです。
続いて「みかん」「りんご」が入っていますが、おかずに果物が入っているのが許せないという人は多いですよね?
私は砂糖の甘さよりはこちらの方が好きなので、りんごはレーズンがない時に使います。

8位に「かぼちゃ」がランクインしていましたが、ポテサラにかぼちゃって聞いたことがありません。
それはかぼちゃサラダとして食べたいです。

それにしても、もうすぐ秋がやってきますね!
「夜は涼しくていいよね」と旦那に話すと、「オマエ馬鹿か?」と言われます。
夜は涼しいですよね?
風が確実に秋になって来ています。
ものすごく寂しいですが、秋の食材は好きです。


秋ナスは特に美味しいですね!
色々な食べ方がありますが、ここ数年はブロ友さんが教えてくれたこれにハマっています。
甘じょっぱさと生姜の辛みがgoodです。

秋の話題でしたが、私はこの夏に前々から気になっていた家庭用脱毛器ついに買いました!まだ数回の使用ですが、これからの洋服の下にお肌が隠れる季節、頑張って来年の夏までにはツルツルボディを目指したいと思います。

コメントは受け付けていません。

七夕の願いごと

これは、去年実家にあった笹に、姪っ子が描いた短冊を吊るしたものです。
この時は2歳半でした。
1年前の写真を見ると、ものすごく子供です。
言葉も拙かったし、絵も何を画いているのか全く分かりませんねぇ(笑)。

でも、3歳半になった今は、ちゃんと人の顔が描けるようになったんですよ。
幼稚園で描いた父の日の絵を見せてもらったら、ちゃんと丸い顔の中に目と鼻と口があり、メガネまで描いてあって、頭の上に虹も掛かっているんです。
この絵とは比べ物になりません!
子供の成長ってすごいなぁと思ってしまいました。

先日遊びに来た時に、幼稚園の七夕縁日の話を聞きました。
願い事は何を書いたのか聞いてみたところ…。

「プリキュアになりたいって書いた~」

と満面の笑みで言われましたf^_^;
意地悪な私はこう言ってあげました。

「それは無理だよ。プリキュアは可愛い子しかなれないんだよ!」

一瞬固まっていた姪ですが…。
負けじとこう言い返されました。

「○○ちゃん(自分のこと)可愛いでしょう?ほら~、まつ毛がこんなに~!」

って、言い返す辺りは誰に似たのでしょうね?
確かに、姪は可愛い方だとは思います。
目はクリッとしているし、まつ毛が異様に長いし。
つけましている人もビックリするくらいの長さなんですよねぇ。
誰が見ても「まつ毛長いね~」と言ってしまうほど。

まつ毛の長さを担任の先生に褒められた(?)そうで、私にこう言い返したのです。
可愛いよと言ってあげるのもなんなので、

「え?○○ちゃん可愛くないよ?」

と、更に意地悪を言ってみました。
へこたれない彼女です。

「え?可愛いよ~!」

はいはい。
なれるものではないけれど、プリキュアになれるといいねぇ。

妹曰く、彼女はプリキュアへの変身から戦いまでに興味があるだけで、それ以外のストーリーには全然興味がないみたいです。
とっても不思議な子だわ~。

コメントは受け付けていません。

誕生日プレゼント、二転三転

毎度のことなのですが。
年長になる娘の誕生日プレゼントの希望が二転三転しています。
クリスマスプレゼントの時もそうでした。

クリプレの最初の希望はレゴ、それからプリキュアの変身グッズへと変わり、その時点でセールだったので内緒で買ってしまいました。
それがクリスマス1カ月前。
するとクリスマス2週間前になり、「やっぱり『こえだちゃんのお家』にする!」と満面の笑みで張り切って宣言。
「サンタさんももう予約してるかもしれないし無理かもよ?」という私に、「そんなことってあるの?」と不思議そうな娘。
もちろんプリキュア変身グッズが届いてしまい残念な面持ちでしたが、親である私の方がもっと心の中では泣いていました。
そして決意、この娘のプレゼントは今後、直前に買うことにしようと・・・(;_:)

誕生日プレゼントは当初、「こえだちゃんのお家」の予定でした。
クリスマスのリベンジなんでしょうね。
それが3カ月ほど続き、今度こそ大丈夫かと思った矢先、先週になって「やっぱりシルバニアファミリーにする♪」と言いだしました。
「こえだちゃん」の方が安いし良いんだけど・・・と思いつつ、クリスマスで失敗した私としては本当に欲しいものをあげたいからとシルバニアの相場を調べ始めた矢先です。
その数日後、今度はいつもと違う寂しげなテンションで「本当はハムスターが欲しいの・・・」と言いだしました。

我が娘とは言え、もう絶句です。
この二転三転、どうにかしてほしぃ~(*_*)

とは言え、今度は本気と信じたい。
生き物ということもあり、「パパに相談してごらん」と話すと、週末にしっかり主人に相談してOKをもらっておりました。
そして心はただいまハムスターに夢中の様子。

どうか、このまま無事に誕生日を迎えられますように。
というかハムスターって可愛いよね、実は私も飼いたい!!(笑)

娘の誕生日の次は私の番。
プレゼントは特に期待してないんですが、主人とゆっくりデートしたいです。
この前レクサスGSを購入したのでドライブがいいな。

コメントは受け付けていません。